キャッシングをするメリット、デメリットって何?

By | 2015年11月16日

キャッシングというのは、お金を、現金を借り入れるというもので、クレジットカードで買い物をするのとは訳が違います。それでは、このキャッシングのメリットとデメリットはどんなところにあるのでしょうか。まずメリットですが、これは、現金が得られるということ、そしてまた、キャッシング機能付のクレジットカードを作るよりも、融資を受けられるまでのスピードが速いということ、この二点です。

キャッシングの方法には二つあります。まず、キャッシングカードの申請をして、それが届くまで待つというもの。そしてもうひとつが、融資そのものを願い出て、審査ののちにすぐに指定の口座に現金を振り込んでもらうというものです。

キャッシングカードを作るというのは、いざというときの「備え」といったイメージが強いですが、たとえば各金融会社に「融資」をお願いするという意味でキャッシングという言葉を使った場合、それは審査後に、必要の金を口座に振り込んでもらうという形になります。即日審査、即日振り込みを謳っている会社も多く、安定した収入があれば審査に通ることも多いので、突然お金が必要になったときに利用するといったイメージでしょうか。現金を得られるまでのスピードが速いので、何か、今の手持ちでは間に合わないような事態に陥ったときに重宝します。

そしてまた、キャッシングのメリットといえば、なんといっても現金が得られるということでしょう。水道光熱費を支払うのにも使えますし、携帯電話の料金や、家賃、学校の授業料など、現金でしか支払えないものに充てることができ、これがキャッシング最大のメリットだといえます。払い忘れや、財布を落とすなどのトラブルがあったときにとても役立ちますね。

しかしキャッシングにはデメリットもあります。それは、返済をしていくのには厳密な計画性が必要になるということです。キャッシングの利息、金利は安くはありません。多くの場合、年利18%が普通で、10万円を借り入れると、年に1万8千円の利息がかけられます。これは計画的に返済していかないと、返済期間が伸びるばかりで中々完済できず、その分支払う利息もどんどん増えていってしまいます。

キャッシングには、人の金銭感覚を狂わせる何かがあります。頼めばすぐにお金が手に入るのですから。時にはそれを自分のお金であるかのように錯覚してしまいそうになることもあるでしょう。そういった意味で、しっかりと事実を認識して、計画的にお金を返していけるようでないと、キャッシングを使うべきではありません。メリットとデメリットを理解したうえで、キャッシングを使うかどうか、決めてくださいね。

選ばれるキャッシング会社最新情報はコチラから→【キャッシング カードローン】